夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

横隔膜ヘルニア手術7日目・退院許可(一般病棟3日目)

横隔膜ヘルニア手術7日目・退院許可(一般病棟3日目)

2019/07/04

タイトルでネタバレしている通り、退院許可が出た。
手術からちょうど1週間。
思ったより早かった!

レントゲンと血液検査の結果次第では1〜2泊延長する可能性もあった。

午前中、レントゲン室に行くときにはじめての車椅子に乗った。



ちょっと大きめ

はる君はレントゲンが嫌いだから、以降はすっかり機嫌を損ねてしまった。
さらに、採血。
11:30くらいからはご飯が食べたいと言いだしてさらに機嫌が悪化。
荒れ狂う嵐のようにベッド上をゴロンゴロンと転がって手を焼いた。傷口痛くないのかな?


ご飯と昼寝の後は機嫌が復活!



手術後、初めて立った姿。

レントゲン写真の結果も良好、血液検査も問題なく、明日退院できることになった。
心臓手術と比較するとやっぱり早いね。
退院後も次回の外来まではお風呂禁止、シャワーのみとなる。

先生曰く、体をよく動かすことが肺の発育を助けるようなので、外出許可が出たらまた色々遊びに行きたい。
はる君は数歩なら歩けるようになったから、そろそろ靴の出番だね。

退院後は心臓の病院の外来で再度根治術であるフォンタン手術が可能か相談し、フォンタンテイクダウン手術の際にお世話になった病院に再度セカンドオピニオンを求めに行く。
これからだ。まだまだこれから。
ひとまず、きょうはもう寝よう。


短いですが、おわります。