夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

横隔膜ヘルニア手術2日目

横隔膜ヘルニア手術2日目

2019/06/29

術後2日目、病院に面会に行った。
PICUにはふたりずつしか入室できない。
先に夫と義母に面会に行ってもらい、わたしはあき君(長男)とふゆ君(次男)と家族休憩室で待機する。

それほど待たずに義母が待機室に来た。
はる君が目を覚ましてかあちゃんを探していると言うので、入れ違いにPICUに向かった。

はる君、目を覚ます

はる君は起きていた。
わたしの顔を見ると、ちょっとだけ笑った。

酸素の流量は昨日は2L/毎分だったのが1L/毎分に減っていた。SpO2*1は85%程度と、かなりいい感じ。
これならじきに0.5Lに戻すこともできそうだ。

まだご飯は開始されておらず、点滴で栄養をとっていた。早くご飯が再開になるといいね。

ベッドの横のテーブルにDVDプレイヤーがあり、はる君が大好きなワンワンのステージショー(ワンワンわんだーらんど)が流れていた。
はる君に話しかけたり手を握ったりするが、反応は薄い。痛み止めの薬が効いているのかもしれない。

しばらく頭を撫でていると、やがてゆっくりまぶたを閉じて、そのうち眠りに落ちていった。

はる君、また明日ね。

待合室の笹にはたくさんの短冊が飾られていた。
その一つ一つに、切実な願いが込められていた。

*1:酸素飽和度。血液の中に含まれる酸素の値。健康な人なら100〜99%で、はる君は80%前後