夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

小児病棟81・お外をお散歩【入院生活86】

お外をお散歩

2019/03/15

しょんぼりしたって始まらないので、気を取り直して……気を……

朝の回診

脳神経外科の先生の回診。
MRI検査の結果、真ん中の色が付いているところは消えて、周囲のリング状だった部分を残すだけになっていた。
これなら抗生剤の投与は必要ないかもしれない、という声が出た。

点滴で投与している抗生剤が不要になれば点滴が抜ける。
点滴が抜ければ退院できる……?
3週間後のMRIは必要だけど、一旦帰宅できるかもしれないってことなんだろうか。

今後、他の科(感染症科、循環器科)と抗生剤の投与を継続するか/やめるか、退院時期の目安などを話し合うそうだ。

3週間以内に退院できる目もあると知って驚いちゃって、写真を見せてもらうのを忘れた。

外出

病棟には子どもたちと遊んでくれる保育士さんがいる。
その保育士さんが、きょうからお外が解禁にたったと教えてくれた。
2ヶ月半ぶりのお外だよ、はる君!

“お外”というのは、小児病棟から見える公園のような庭のこと。
日差しは暖かいけど、風はすこし冷たかった。

はる君の上着を持ってこなかったのは失敗だった。
でも、寒そうだけど笑顔。
胃腸炎になってからは散歩も出来なかったもんね。

入院の記録に写真をアップするとき、普段は色調を明るく調整するけど(室内で撮るため暗いから)、この記事中の写真は調整していない。

庭への外出は、天候や病状にもよるが、毎週一回あるらしい。
来週もお外に行けるといいね、はる君。

すこし元気が出た。
したっけ、また!