夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

小児病棟80・造影MRI【入院生活85】

造影MRI

2019/03/14

これが最後のMRIでありますように。
前夜に「いつもより早目に起こすこと」「7:30には朝食と服薬を終わらせること」と言われていたので、がんばって早く寝かしつけをした。


毎回困るのが、何時くらいにMRIに行くのかが分からないこと。
一日のMRI可能な件数とか、自分の順番が何番目なのか教えてもらうのも無理なんだろうか。
もちろん、緊急度の高い人を優先したり、時には割り込みがあるのは承知してるし、構わない。
見通しの立たない状態で、はる君は空腹で泣くし、朝は早く起こされ、寝るなと言われ、無理やり薬を飲まされるんだから。

9:35 造影ライン取り

造影のための点滴のライン取り。
はる君は散歩に行けると思ってウッキウキだったのが、行き先が処置室だと分かると「騙したな!」と言わんばかりの恨めしそうな顔をした(当然だ)。

10分くらいで戻ってきた。
じっと動かないで耐えていたという。

12:15 トリクロ①

MRI室から連絡が来た。
はる君の大嫌いな甘いシロップの眠り薬、トリクロリールを無理やり飲ませる。
ごめんね……。

12:40 トリクロ②

もう一回追加する。
また暴れる。

13:00 寝る

無理やり薬を飲まされて怒っていたけど、普段の昼寝の時間でもあるので比較的スムーズに眠りについた。

13:30 点滴のライン交換

MRI室には金属を持ち込めないので、ヘパリンのラインを5mくらいある延長可能な管に交換した。
薬でぐっすりと眠っていて、ちょっとやそっとでは起きない。

13:40 コットに移動

移動するためのキャスター付のベッド(コット)に移動する。

13:50 エスクレ

トリクロを入れてから1時間以上けいかしてしまったので、ダメ押しに坐剤の眠り薬(エスクレ)を注入する。
はる君は目を覚まして抗議の号泣。
ほんとにごめんね……。

14:05 MRI室着

5分ほど支度をして入室。
わたしは休憩に。

15:00 部屋に戻ってくる

お疲れ様!

MRI検査の結果

夕方の回診で先生が明るい声で「小さくなっていました!」とおっしゃるので「ん!?」って思っていたら……。

膿瘍はかなり縮小して、中心部はもう確認できなくなった。
周辺部がまだ残っている。
次は3週間後にMRI検査をする。

とのお言葉だった。

あと3週間か〜〜
ひょっとしたら退院って言われるかも?って期待しちゃっただけに精神的ダメージがでかい……


疲れちゃった。

まあ、しょうがないね。
あとたったの3週間だ、がんばろう!
今度こそ!