夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

小児病棟74〜75・卒園式【入院生活79〜80】

はる君は病院、わたしは胃腸炎でダウンのため、普通の日記です。

卒園式

安静に

2019/03/08

この日は1日中寝て過ごす。
やらなくてはいけないことが色々とあるけど、なんにもやらずに寝ていた。
(Twitterは生活の一部)

ノロウイルスに関するQ&Aによると、消化器症状、すなわち嘔吐・下痢は1〜2日ほど続くようなので、経口補水液だけ飲んで布団の中でじっとしていたじっとしている以外には何もできなかった。

夜にはシャワーを浴びられるほど動けるようになったため、なんとか卒園式にはいけるかも……。

卒園式

2019/03/09


写真は写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOKより

丸一日何も食べない状態だけど、熱も身体の震えもなく、吐き気もないので、何とか卒園式本番だけ参加した。
その後の打ち上げは当然ながら不参加。
保育園の役員になっていたのを降りさせていただいたのもあって説明やおわびもしたかったんだけど、さすがに無理だった。



ふゆ君が1歳のときから、雨の日も風の日も通った保育園。
まだ言葉もしゃべれなかった頃からお世話になっていた。
慣らし保育はなかなか慣れてくれなくて、誰よりも大きな声で泣いてたんだよ。

保育園ではどんぐりを拾ったり、ざりがにを獲ったり、地域の中できめ細やかな保育をしてくれた。
育児がつらくて泣いた時も優しい声をかけてくれたり、あき君の頃からずっとお世話になっていた保育園だ。


ふゆ君は素直で自我がはっきりしている。
そんなふゆ君を大切に見守り、いっしょに育ててくれた保育園とさよならすることが本当に寂しい。

ぎりぎりの体調だったけど、卒園式に出席できてよかった。

関連記事