夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

小児病棟26・はる君、座る【入院生活31】

とうとう緊急入院してから1ヶ月か。

はる君、座る

2019/01/19

一時帰宅した。
夜はふゆ君(次男)と一緒に寝たんだけど、朝起きて一番に視界に入ってきたのは足の裏だった。

用事を終えたら、ボンベと食料とおもちゃを持って病院へ。
自宅で愛用しているおままごと道具はかさばるし収納に困るので、手頃な価格のものを探していたのが、良さそうなのが見つかった。

↑商品はこれ。ほしい物リストにいれていたのを、田中社長 (id:tanaboo)が買ってくれたので持って行った。ありがとうございました!!

おままごとセット

はる君、泣きもせずテレビを見ていた。「あ、かあちゃん」と言ったら、またテレビに視線を向ける。
特に機嫌も悪くなさそうだったが、わたしが不在の時はやはり泣くようだ(それはそうだよね)。



シールを貼るところからスタートする……!

パーツが細かい。
しまじろうパペットがおままごとするのにちょうど良い感じで、一般的なおままごと道具よりふたまわり程小さい。
(パッケージには6歳以上との表記があるので、推奨年齢以下で使う際は自己責任で)



シールを貼り終わったところ

はる君はいつもおままごとで遊んでいたので、ものすごい勢いで食いついた。
最初は寝転んだまま遊ぼうとしたが、寝転んだままだとフライパンのふたがどうしても閉まらない。

はる君は自分で体を起こし、座って遊びはじめた。
この病院に来てからはじめてのことで、もう、すごく驚いた。

……座っていられたのもほんのわずか、5秒ほどだった。
また横に倒れこむように転がってしまったけど、久しぶりにおすわりして遊ぶ姿が見られてうれしかった。
もう一度同じ姿勢にしようとしたけど、疲れたのか怖かったのか、この日は二度とおすわりしてくれなかった。

はる君の「動きたい、遊びたい」って気持ちを刺激してあげるのが良かったんだなあ。

よーし、明日もいっぱい遊ぼうね!


したっけ!