夜明け前の心臓(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

40w2d

日記

2016/04/23

なんと、予定日を超過してしまった。

赤ちゃんの体重が小さ目(足りない)と3w位前から言われていたので、極力安静にしていた所、無事3000g目前までは育ってくれた。

実は毎日「まだ早いよ」「のんびりしていていいよ」と念じていたのよ。

土日に陣痛が来なかった場合は、月曜に入院~誘発をして火曜出産をする事になった。

 

自宅から病院までは車で1時間強かかる為、できれば予定通り月曜に入院して、マンパワーの充実している平日昼間に出産したい。

出産後に何も処置をしない場合、単心室症の子の6カ月以内の生存率は6割との事。

この時代、日本にこの子を授かった事で、救命できる可能性が高まった事を感謝せずにはいられない。

 

心室症は心疾患の中でも重度の部類である。

心臓移植の適応となる疾患のうち、約半数が単心室となっている事からも重大さがわかる。

誰でも手術が受けられ、誰でも成功する類の疾患ではないのはわかっているけど、それでも希望を持ち続けていたい。

この子の生命力を信じたい。