夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

日記をつける意味(PICU13日目)

2018/01/06(テイクダウン術後19日目)

 このブログを書きはじめたときに、「たとえどんな結果であろうと書き続けよう」と決めたから、ずっと書いている。感情の波が激しくなり、無風の湖のように静かなときもあれば、叫び出したいほど感情があふれ出すときもある。気持ちに言葉を与えるのは大切だ。はる君の病状についてここまで詳細に誰かに語るのは難しい。身の回りで話せるのは、夫と義理の母くらいだ(義母をよく泣かせてしまう。すみません)。悲しいことを「悲しい」とブログに書くことで、それを客観的に見るわたしが生まれて、よっしゃ、今日も会いに行こうか!元気出しな!ともうひとりのわたしに言われる。

今日のはる君

 むくみがひどい。まだ腹水が真っ赤で、溜まった腹水でお腹がパンパンになっているようだ。

人工呼吸器の設定と酸素飽和度

FiO2 90%
プレッシャーサポート 14
換気数 30
SpO2 76%

SpO2…経皮的酸素飽和度、血液中の酸素の値。基準値は100%。
FiO2…人工呼吸器の吸気に含まれる酸素の濃度。

主治医のおはなし

  • 状況は横ばい
  • 腹水が赤い(お腹のあたりで出血している)
  • 左の胸水が溜まり始めた
  • FFP(新鮮凍結血漿、血液凝固因子の補充と、循環血漿量の減少を改善と維持のために使用)と輸血を継続している
  • 薬は徐々に減らしていきたいが、今は出血のため不安定だから現状維持するほうがよさそう
  • 血液中の菌の培養をしたが、今のところ菌は出ていない
  • 炎症反応は上がっているため、抗生物質を二種類にした

f:id:CALMIN:20180108225420j:plain
なんかすごい髪形

 14時に看護師さんが点滴で投与したのはプレドニゾロン、つまりステロイド(炎症を抑え、免疫も抑制する)。激しいむくみはステロイドのせいもあるのかな、とちょっと思った。