夜明け前の心臓(仮)

夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

コイル塞栓術入院6日目(2017/12)【回復】

2017/12/03

 輸血の残量減少を知らせるアラートで目を覚ます夜。水分のin/outバランス表を記録するのが苦痛で仕方ない。

母乳の計測方法を簡単にしてもらうことが出来た

 本来の手順はこう

  1. 体重を測る
  2. 授乳する→寝る
  3. 体重を計る→起きる

 今回はこうしてもらった

  1. 体重を測る
  2. 授乳する→寝る
  3. 起きる→体重を測る

 これだとざっくりとした数値しか取れないが、ご飯が食べられない状況でカロリー・水分が不足していないか確認するためなので正確じゃなくてもかまわないみたい。

笑顔が戻る

 輸血開始から12時間経過したあたりで、ぐずりが止まったのに気がついた。効果がではじめたんだね!

 朝にはスッキリと目覚めて病棟内を元気におさんぽできるまで回復した。

見よ、この笑顔!

 プレイルームにあったパトカーのおもちゃをコット(乳児用ベッド)に乗せるとぴったりとはまり、はる君はとても気に入った様子だった。結構長時間スペシャル・パトカーを乗り回してブイブイいわせ、スタッフさん達もはる君の回復を喜んでくれた。

 明日の午前中に血液検査をして、結果次第では明日中に退院できるかもしれない!
はる君の笑顔が見られてほっとした。なんだか眠くなってきた……。

したっけ、また!