夜明け前の心臓(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

病棟22日目【てぶくろくん】

日記 心臓病児の生活 グレン手術

2016/09/26

みんな、お家に帰ろう

朝、プレイルームでくつろいでいると、シマノ先生(仮・はる君の主治医)が来た。
偶然、シマノ先生が主治医のお子さんが勢ぞろいしてたので、端から順番に「もしもし(回診)」していた。
「よう君(仮名)、血液検査の結果は良くなってたよ、週末には帰れそうです」
「まきちゃん(仮名)も、数値はいい感じだから、週末あたりには帰れるね〜」
最後にはる坊も診察。
調子がいいね、週末には退院だね、と言われる。
みんなで喜ぶ。
先生も「おお、お前ら全員まとめて帰れ帰れ!」とニコニコ。

今日の工作


ゴム手袋でつくった風船、てぶくろくんだよ!
みんなも作ってみてね!

付添ベッドがcoolって話

寝心地が良いとまでは言えないけど、システマティックで面白い。

リクライニング可能なソファー部分と、収納付きのスツール部分に分かれています

マット(ペラペラ)を敷いて、シーツも敷いて

お布団掛けて、寝ます!

最後の細菌検査

鼻腔、口腔、肛門をぐりぐりして培養。
「怪しくなければ、2〜3日で結果が出る」そうです。
保菌マンとして、服越しでも接触しないよう、エプロン・手袋でガードしながら生活してて面倒だった。

昨日は寝ました

途中までスマホでポチポチ日記を書いていたけど、いつの間にか眠っていました。
はる君は昨日の夜間の酸素吸入を中止した所、夜中に何回も酸素飽和度が下がったので、その度にナースさんが飛んで来て、その度にわたしも目を覚ましていました。
いつでも眠いけど、昨日〜今日はまた格別に眠いぜ。
昼寝します。
おやすみなさい。