夜明け前の心臓(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

病棟7日目【一週間だよ!】

日記 心臓病児の生活 グレン手術
2016/09/11 日曜日 のんびりサンデー

土日にかけて、何組ものお子さま、おかあさまが退院していった。
日曜日は、平日に比べてお父さん率が高く、みんな病室のベッドで家族三人水入らずで楽しんでいるみたい。いつもワイワイしている小児病棟のプレイルームはすこしひっそりしていた。
(家族“三人”なのは、感染予防の観点から、小児病棟に入れるのは両親までと決められているから。きょうだいがいる人は、どこかに預けて来る。祖父母は専用の面会室のみ利用可能。かなり厳しく制限されています)
検査、手術なども緊急性の高いものを除いて無いので、ゆっくり時間が過ぎていった。

今日のはる君
  • ステロイド剤の内服が終わった(炎症を示す値が下がった為)
  • はる君の問題じゃないけど母乳の出が悪い(母体が疲れているのかもしれない)
  • 髪の毛が擦れてブチブチ千切れている

身長とトレードオフになるもの

ここに入院している子はみんな難病の為、発達の遅れが大きかったり、身体が小さかったりする。

乳幼児健診で体格が小さい、と言われたおかあさんの話。
専門医にホルモン療法を提案されたけど、行うかどうかは悩んでいるとの事。
「だって……身長は伸びるけど、アゴも伸びるっていうからwww」
身長が伸びるが、アゴも伸びる(可能性がある)
どういう事……!!
等価交換……なの!?
命に直接は関わらない微妙な副作用。
みんな笑った。

深夜に徘徊するもの

最近徘徊仲間が増えたよ!
大体2〜4組位の寝ない赤ちゃんとお母さんが病棟をさまよう。

それではまた明日。ごきげんよう!