夜明け前の心臓(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

帰ってきたよ、一般病棟

日記 心臓病児の生活 グレン手術
波乱の一般病棟初日

今この原稿を書いてる22:20現在、1〜2分置きに「おしゃぶりのポジションが悪い」と怒って泣き出す。
日中散々寝たせいでなかなか寝付けないのだ。
眠くなるおくすり*1を飲んだので、もう少しで眠りにつくはず。

隔離(・_・;

さて、あらかじめ付き添いの支度をしていたので、着替えとタオル類を詰めてすぐ病院に向かった。
病棟に着いたので受付で言われた番号の大部屋を探そうとした所、クラークの方が気づいて案内してくれた。でも大部屋じゃなくて個室。

個室の中には聴診器・血圧計・ハカリがあった。看護師さんはいつも自分の聴診器等は携帯しているから、病室に置きっ放しっていう事は普通はない。
さらに部屋の隅にはバイオハザードマークのゴミ箱もあった。
つまり、これは…
_人人人人人_
> 感染症 <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

便から抗生物質の効かない耐性菌が出ている為、他の子へ移さないよう隔離されていたのでした……。
「菌の種類としてはありふれた物で、健康な人が感染しても特に害はないが、はる君達のように手術直後などの免疫力が弱くなっている時にはいろいろな合併症を引き起こすんです。」by Dr.ツマブキ(仮)

他の患児への感染を防ぐ為、聴診器や血圧計ははる君専用の物を使う必要がある。
オムツが感染源の為、個室内にゴミ箱が設置されていた。

ただ、隔離とは言っても、コット(赤ちゃんのベッド)に乗っての病棟の散歩はok。
他の子と触れ合うのはNG。赤ちゃんだからおともだちと遊びたい、とかはまだ無いので良かった。

守られるべき かよわき命

おとといも感じたけど、軽くなったはる君。
それもそのはず、術後の水分制限がまだ続いている。

今は一回に60cc、つまり大さじ(=15cc)4杯飲める。授乳タイムは1日に8回。
60cc×8=480cc/day。
1日に飲める水分は500mlペットボトル1本にも満たない。

飢えと渇きに苦しむ自分の子供に、おっぱい出るにも関わらずお腹いっぱいにさせてあげられない。本能に逆らっている行為はつらくてむなしいけど、水分制限は心不全を予防する為になくてはならない。

身体の水分が増える

心臓が循環させないといけない血液=水分量が増える

心臓がんばる

心臓つかれる

腎臓に血液が届きにくいので尿が出にくくなる
(腎臓以外にも肝臓・肺等の多臓器不全(=働きが悪くなる事)に陥る)

身体の水分が増える

はじめに戻る……

水分制限が大事だっていうのはわかってるつもりです。大丈夫です。

なぜかお目目を隠して飲んでいました

*1:赤ちゃんに睡眠薬なんて!って驚くかもしれない。もちろんリスクはあるけど、それより眠れずに身体の酸素が減ったり、体力を消耗するほうがはる君には良くないのだ。