夜明け前の心臓(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

今日の三男

日記 心臓病児の生活

低酸素療法が終わる

2016/06/22

2836g

身体が小さい為、酸素飽和度が上がり過ぎていたので窒素を多く含んだ空気を吸っていた(低酸素療法)のだが、その鼻カニューレが外れていた。下記日記に記載。

体重が順調に増え始めた事で身体とのバランスが取れて来た為、酸素も窒素もなくて良くなったとの事。やったね!13時に面会に行ったが、12時の授乳は吐き戻さず、すべて消化されていたようだ。

主治医の先生から「もうすぐ外に出られるよ」と嬉しいお言葉!外って?退院?→いえいえ。NICUから一般病棟に移るという意味のよう。しかし、今退院しても戸惑うばかり。もうすこしお世話の練習しなくちゃね。

NICUにいる子の中で、はる君が一番元気になっているよ」との事。そういえば、しばしばお若い新人看護師さんと先輩看護師さんのペアの方が看護をしてくれている。私が初産じゃない経産婦だからかな、と勝手に思っていたが、それに加えて容態が安定しているからかもね。緊張している感じはするが、すごく優しく扱ってくれる方。

 

一般病棟に帰る

2016/06/23

ドーナツを食べながら家計簿を書こうと、早めに家を出てミスタードーナツのレジに並んでいると、病院から電話がかかってきた。主治医の先生だ。ここから容態が急変することはないだろうと思うが、やっぱり一瞬緊張する。

「あ、お母さん、はる君NICUを出まして一般病棟に移りました」

え!ありがとうございます!!

「いや~、NICUがいっぱいになっちゃって。ははは」

うふふ、そうなんですね!オッケーです!

 

そんな訳で、病院に着いたら一般小児病棟の大部屋のベッド脇に、す巻きにされたはる君がベビーラックの上でゆらゆらしていた。

 f:id:CALMIN:20160626080406j:image

そうそう、赤ちゃんってす巻きにされると落ち着くのよね〜なつかしいわー。こうして寝てると普通の赤ちゃんと何も変わらないのにね……。ちょっと顔色は悪くて、身体が小さくて、胸に大きな傷あとがあるけど……ま、まあ、これから追いつけばいいし!

 

きい君のトラブルの顚末は、また落ち着いたら記事にします。寿命が縮まりましたわ(ヽ´ω`)