夜明け前の心臓(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

生後43日目

日記 心臓病児の生活

2016/06/06

前回の時とほぼ同じ。順調。

まだ胸水を抜くドレーンが取れないので抱っこしてやれない。しゃくりあげるように大泣きすると、チューブの中の胸水が行ったり来たりする。

今回はかなり長い時間起きていたなぁ。数えたらもう生後43日も経っていたので、だんだん昼間起きてる時間が長くなってるのね。

こんなに起きてると思わなかったので、語りかけるネタが尽きてしまう。次に面会に行く時は絵本を持って行こう。

それにしても起きてる時間の内、半分くらいは泣いていたと思う。あまり泣くとSpO2(酸素飽和度)が下がって苦しくなるよ〜と言われたので必死に泣き止ませようとするが、なかなか泣き止まない。

看護師さんがチューブ類をまとめながら上体を起こしてヨシヨシすると、ようやく泣き止めた。抱っこしたり、胸トントンしたり、兄二人に使ったテクニックが使えないので困る。

はる君が寝たら帰ろう。と思ったがなかなか寝ない。ぜんぜん寝ない。笑顔は見られなかったけど、わたしの顔を目で追ったり、少し顔がふっくらしたのを感じられて、幸せな気分。

ご飯作らなきゃなので帰ろうとしたら、電車が止まっていた。通院生活の中で3回目。