夜明け前の心臓(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

小さい手

日記 心臓病児の生活
2016/05/31
前日よりさらに人工呼吸器のサポートが弱まる。もう一息だそうだ。
覚醒度がさらに上がり、手足を動かしている。
顔は青白いけど頭を撫でると暖かい。
目が開かないかと粘って、ようやく開いた。
気が付いたら結構時間が経っていて、退出を促される。
はる君、また明日ね。

2016/06/01
人工呼吸器がよりサポート力の弱いものに変わった。
状態も安定していて、もうすぐICUを出られるかも。ただ、部屋が空いてないらしい。
わたし達が見た時は眠っていたが、直前まで起きていたそうだ。夜中に目が覚めて、周りを見回していたと聞いた。
鼻のカニューレ(チューブ)を止めるテープにアンパンマンの絵を書いてくれてた。
はる君もアンパンマン大好きになるのかな。
小児病棟に勤務するお医者さんや看護師さんはマスコットやぬいぐるみをよく持ち歩いている。
f:id:CALMIN:20160601134244j:image
小さくてわたしより暖かい手。