夜明け前の心臓(仮)

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜明け前の心臓(仮)

最重度の心臓病の一つである左心低形成症候群の息子の記録。手術・入院・通院の事や病気の情報など。あと雑記。

今日は長男の事

いつまでも続柄で呼ぶのも何なので、名前を与えます。すべて仮名です。
 

長男きい君(仮名)には発達障害の疑いがあり、4歳から療育に通っていた。が、その療育施設は就学前までしか通えないので、現在は特に何もしていない。

次男るう君(仮名)は私の産後休暇中という事で保育園で預かってもらっているが、きい君は今年から小学生になったので授業が終わると15時には帰宅する。
まだ小学一年生だし、発達障害(疑い)もあるしで一人で留守番させられない為、三男はる君(仮名)の面会に行く時には近距離別居の義母に家に居てもらっている。
いつも快く引き受けてくださりありがたいのだが、今後の事を考えて放課後等デイサービスを利用する事にした。
 
家から一番近いデイで昨日仮契約(って言うのか?)を交わしたが、その事業者と私の相性が良くないのか、なんか通わせる事に気が進まない。
我が家の暮らす自治体では、支援が必要な子供の早期発見に力を入れているので就学前は手厚い支援が用意されているが、就学後は制度が変わり、きい君のケースではまた一から療育機関を探さなくてはいけない。
(療育機関によっては、児童発達支援(=就学前)と放課後等デイサービス(=就学後)の両方を営んでいる所もあり、そういった施設なら引き続き療育が受けられるケースもある)
 
心配してても仕方がないから、とりあえず通ってみて、合っていないならまた探そう。
そんな事を考えながらバスに乗ったら、間違えて反対方向に乗っていた……。